お金を借りる!便利なカードローン

お金を借る時、即日融資も可能なカードローンについて解説します。特に、お金借りるには消費者金融が安定した収入があればお金借りれるので非常に便利

<<即日融資も可能なカードローン>>

即日お金借りるならプロミスかアコムがおすすめ

大手消費者金融の中でももっとも上限金利が低い17.8%のプロミス。

>>詳細はこちら

愛情・信頼・節度の頭文字が社名!30日間の無利息期間もついています^^

>>詳細はこちら

お金借りる即日可能!低金利で緊急の方のための安心カードローン

今すぐお金を借りたい方や、とにかく急いでいる方のため即日融資や、低金利の借り先をおすすめランキング形式で情報提供!!

・プロミス【三井住友フィナンシャルグループ】
 
・アコム
【三菱東京UFJ銀行フィナンシャル・グループ】

といった大手の銀行がバックにあり、利用者も多く始めてお金を借りる方に取って安心して利用できる借り先ではないでしょうか。

是非チェックしてみてください。

お金を借りるときの人気金融機関ランキング

プロミス

プロミスは、『WEB完結』というサービスがあります。審査もスムーズで、今すぐにお金を借りたいという方に多く申込みされています。30日間の無利息期間もついています。

WEB完結なら、全ての申込みがWEBで完結します。お金を借りる際に、何かわからないことがあれば、電話でオペレーターが丁寧に対応してくれます。女性のオペレーターが対応してくれるプロミスレディースは、男性でも利用できる人気のサービスです。女性オペレーターのプロミスレディースをご希望の方はこちらです。

◎プロミスの基本情報

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 500万円
必要書類 運転免許証(交付を受けていない方は個人番号カードや健康保険証等)
※顔写真がない書類の場合は別途書類が必要
※お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要
審査時間 最短30分
返済期間・回数 最終借入日から最長6年8ヵ月・1回~80回
運営会社 三井住友銀行グループ
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

 

アコム

お金を借りるならアコムが断然オススメ!三菱UFJフィナンシャルグループなので、はじめてお金を借りるという方も安心のカードローンです!
社名のアコム(acom)は、Affection(愛情)、Confidence(信頼)、Moderation(節度)の頭文字を纏めた造語で、「アコムは人間尊重の精神とお客さま第一義にもとづき 創造と革新の経営を通じて 楽しく豊かなパーソナルライフの実現と生活文化の向上に貢献する」が企業理念

男女問わず、多くの方に利用されています。

◎アコムACOM)の基本情報

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 800万円
必要書類 運転免許証(交付を受けていない方は個人番号カードや健康保険証等)
※顔写真がない書類の場合は別途書類が必要
※お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要
審査時間 最短30分
返済期間・回数 最終借入日から最長6年8ヵ月・1回~80回
運営会社 三菱UFJファイナンシャルグループ
アコム株式会社

 

モビット

ある日突然、お金が必要になったら……。そうした心配は急にやってくるもの。身内や友達を頼り借りることができればよいのですが、親しい仲であるほどお金を貸してとお願いするのは気が引けるものです。

Web完結で申し込めば、電話連絡や郵便物もなく指定口座に入金されます。カードの発行がないため郵送物が自宅に届くこともなく、家族に知られることなく借りることができますね。

◎モビットの基本情報

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 800万円
必要書類 運転免許証(交付を受けていない方は個人番号カードや健康保険証等)
※顔写真がない書類の場合は別途書類が必要
※お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要
審査時間 10秒簡易審査、最短即日
返済期間・回数 最終借入日から最長9年7ヵ月・1回~100回
運営会社 三井住友銀行グループ
株式会社モビット

 

内緒でお金借りるならこちらの記事が参考になります。
家族にバレずに消費者金融からお金を借りる方法
 
プロミスについて詳しくは!!
プロミスでお金を借りるなら知っておきたい周辺知識!フリーキャッシングとは
 
 

カードローン・キャッシングの基礎知識

ここでは、カードローン・キャッシングを初めて利用する利用する人のために、消費者金融でお金を借りるまでの具体的な流れについて解説します。

条件・必要書類について

借入条件を確認しよう!

まず、お金を借りるための条件と必要書類をチェックしましょう。お金を借りるための条件や必要な書類とは、

必要条件と書類

  • 20歳以上であること
  • 定期的な収入があること
  • 身分証明証

※50万円以上の借入希望の場合収入証明書の提出が必要

 

安定した収入がある、20歳以上の方

が借入条件となります。アルバイトやパートでも、安定した収入となりますし、男性でも女性でも関係ありません。20歳以上の方で安定した収入があれば、借入はできます。
 
 

必要書類としては、身分証明書と収入証明書の2つがあれば大丈夫です!

身分証明書とは:運転免許証 or 健康保険証 or パスポート
収入証明書とは:源泉徴収書 or 給与明細(直近2,3ヶ月分)

です。

未成年の方は学生ローンや親の同意のもとでキャッシング機能付きのクレジットカードを発行してもらい、キャッシング機能を利用しましょう。消費者金融の場合、借入希望額が50万円以下なら収入証明書不要で申込むことができます。

申し込み

申し込み条件を満たし、必要書類が準備できましたら申し込みをしましょう。申し込みは、店舗、無人契約機、電話、パソコン、スマホからできます。特にパソコンやスマホなどのネットからなら24時間申し込みが可能です。特に最近は、ネットで申し込み~借入まで完結できるので非常に便利です。会社によって違いはありますが、申し込み時に記載する内容としては、年収、勤務先の会社名、住所、電話番号、他社借入件数や借入額などです。

審査

申込みが完了すると審査に移ります。審査には2段階あり、申し込みの際あなたが入力した情報が正しいかを判断する信用情報の調査、それが通過した後に行う職場への在籍確認があります。審査にかかる時間は最短で30分となっており、借入希望額が高いほど審査時間が長引く傾向にあります。

契約・借入れ

無事審査に通過しましたら契約・借入れをします。借入れ方法は、口座振込や、カード発行をして提携ATMから出金する方法があります。その日に借入れをしたいのであれば、銀行振込であれば平日14時までに、平日14時以降であれば自動契約機や提携ATMでカードを使って出金しましょう。
 
 

消費者金融でお金を借りる

消費者金融のカードローンの特徴は、定期収入があれば年収・職業問わず利用ができるという点です。申し込みのハードルが低い分金利が高めに設定されていますが、審査回答が早く即日融資にも向いていますので、すぐにでもお金を借りたいという方へ非常におすすめです。借入れ限度額が年収の3分の1に制限される総量規制があるのも特徴です。
 
 

お金を借りる時に必要な書類

融資を受ける場所によって異なりますので、それぞれ理解するようにしましょう。

お金借りる場所として真っ先にあげられるのが金融機関になるでしょう。銀行から消費者金融といった貸金業者までさまざまな選択肢があります。また個人でお金借りるようなケースもあり、その時にも必要になる書類について把握しておきましょう。

融資を受けたいという希望はお金が必要になっている状況になり、なるたけ急いでいる人もいます。だからこそ前もって準備をしておくことが大切です。
 
 
金融機関によって用意するべき書類が異なり、特に銀行にはさまざまなローンがあり、それによっても準備が異なってきます。

ただ消費者金融のように比較的簡単に借りることができるカードローンになると、求められるものは身分証明書です。顔写真が付いているものが良いですので、運転免許証やマイナンバーカードが適しています。

仮にそれらが用意できない場合であっても落胆する必要はありません。誰もが所有している健康保険証に住所が確認できる書類があれば認められます。公的機関の領収書や住民票であれば大丈夫です。カードローンになると、ほとんど身分証明書だけ必要になりますので、これだけは忘れないでください。

ただし例外もあります。

たとえば融資金額を多く希望するようなこともあるでしょう。

そのときは収入証明書が必要になることもあります。給与明細や納税証明書が確実です。

消費者金融になると50万円以上の融資、もしくは他社の業者からトータルで100万円以上借入をしている場合、それ以上の融資を希望するのであれば必ず求められる書類です。

該当している方は用意しておきましょう。またそれだけではなく、属性によっても求められることがあります。融資金額云々ではなく、信用状況によって収入証明書が必要になるケースがあり、こればかりは申し込みをしてみないとわかりません。

どうしてもある事情によって審査に不安を抱えているのであれば、念のために容易をしておくとスムーズに事が運ぶでしょう。
 
 
銀行カードローン以外の融資を求めるときは、さらにお金借りるときに必要な書類が増えることになります。

カードローンで必要になる身分証明書に加えて、収入証明書、印鑑とそれを公的に認める印鑑証明書、ローンの引き落としで必要になることから銀行口座がわかる手帳やキャッシュカードが必要です。

ほとんどのケースで口座を持っていないとローンを受けることができないようになっていることが多いですので、仮に持っていない場合は作る必要があります。その時に身分証明書と印鑑も必要になることから、必須アイテムになることがわかるでしょう。
 
 
カードローンと比較しても求められるものが増えるのが各種ローンになりますので、審査もすんなり行かないことが多いです。

とにかく時間が掛かってしまいますので、早急にお金が必要になるケースには向いていません。そんなときは身分証明書で確認をすることができるカードローンが大きな役割を担うことになるでしょう。

ただし金利は各種ローンよりも圧倒的に高くなりますので、それだけは覚悟しておいてください。利便性が高い反面その分金利の高さで補っているのがカードローンです。その自覚をしていなければ、うまく利用することができません。
 
 
その他に個人でお金の貸し借りをするようなケースもあるでしょう。親戚同士、または友人で貸し借りをするようなケースになると、信用があることから何にも書類を必要としないと考える人も多いですが、少し考え方が甘いです。

どれほど信頼できる関係だとしても、揃えるものは揃えなければ貸した側にとっては、大きな不利益を被る可能性があります。そのようなことにならないためにも必ず用意しておきましょう。信頼できる関係であっても借用書の存在こそ、お金の貸し借りがあった事実になりますので、あとでトラブルになったとき大きな証拠となります。
 
 
借用書はどんなかたちでも構いませんが、テンプレートとして存在していますので、探して気に入ったものをネットからダウンロードして使うのも良いでしょう。

少し勘違いしてほしくないのは、役所にいっても貰うことができません。あくまでも個人間の貸し借りになりますので、そのようなものは用意されておらず自分で作る必要があります。

また金利を設けるのであれば、年率109.5%の上限があり、それを超えるようなことがあってはいけません。借りる側もあまりにもひどい金利だと感じるのであれば手を引いた方が賢明な判断になります。闇金と同じレベルの脅威な金利となり、苦しむのが目に見えている状態です。
 
 
そのような条件が記載された借用書を用意して、互いに理解をしたのであれば押印をしてください。納得したうえで準備をし、押印することが大切です。このように金融機関と個人間の貸し借りではまったく異なりますので、その違いを理解したうえで準備することが大切です。

 
 

お金を借りる際の在籍確認の方法とは

貸金業者によって確認方法が変わるような印象を持っている人もいるでしょうが、ほとんどそのようなことはなく、統一されていることが多いですので、パターンの確認をしていれば対処することが可能です。

お金を借りるときの在籍確認としてもっとも多いのが電話によるものです。

勤めている会社に貸金業者の方から電話が掛かってきます。

本人に代わってもらうこともできますが、たとえ外出中であっても構いません。貸金業者にとっては申込書に記入されていた会社にちゃんと勤めている証拠が必要になっていますので、その確認だけで良いです。
 
 
わざわざ代わる必要もありませんので、その点は安心できる人もいるでしょう。

同僚が居る前でお金を借りる際の在籍確認をするようなことは避けたいと考えている人も多いはずです。

ただそれは別の観点からみれば、同じシチュエーションになってしまうこともあります。 たとえ本人に代わらなかったとしても、お金を借りるための在籍確認であったことを同僚に勘繰られるようなこともあります。

代表的なのが消費者金融です。

この貸金業者になると会社名を名乗らずに個人名で電話を掛けてきます。

会社に個人名で電話を掛けてくるようなシチュエーションはそれほどありませんので、勘が鋭い人であれば貸金業者からの電話と勘繰ってしまうことも多いです。

お金を借りるときに在籍確認を苦手にしている人が多いですが、その多くがそのような事情を抱えています。

ではその対処方法について知っておきましょう。

あまり気にしないのも有効的な手段です。
 
 
お金を借りることは悪いことではありません。
ほとんどの方が何らかのかたちでお金を借りていますので、あまり気にしないようにしましょう。

ただ借り方として消費者金融や銀行が提供するカードローンであり、お手頃にお金を借りるかたちに引け目を感じてしまうことから、そのような感情を抱いてしまいます。

借りている本人がその先入観を捨てることによって対処することができますので、あまり気にしないでください。
 
 
根本的な解決方法もあります。

それは貸金業者と交渉をすることです。他の方法で在籍確認をしてもらうことを交渉してもらうと良いでしょう。

たとえば健康保険証や社員証などによって、在籍している事実を確認してくれる業者もあります。
ただしこれはすべての業者に共通していることではありません。あくまでもその方法で良いといった業者があることだけですので、他で通用しても違うところではまったくダメだったということも起こり得る話です。
 
 
すべて同じように確認ができると勘違いしないようにしてください。最初のスタートは交渉をすることです。

意外とスムーズにいくこともあります。その根拠になっているのが、個人情報保護の観点から企業側が勤めている人の情報を提供することに難色を示している事実があります。
 
 

このような状況を上手く使うことによって、交渉を都合よく進めることができるでしょう。たとえば電話をしても断られる可能性があることから、違う方法で在籍確認をしてほしいと交渉することによって、貸金業者側も動かざるを得なくなります。

意外と通用する方法になりますので使ってみると良いでしょう。
 
 
また収入証明書を提出するのも良い方法になります。ほとんどの貸金業者が上限が決められていますが、収入証明書不要で申し込みをすることができます。

それこそカードローンの気軽さであり、これが目的でお金を借りている人もいるでしょう。
 
 

しかしその収入証明書を提出することによって、会社に勤務している確認を行うことができます。

勤めている会社についても確認できますし、なによりも収入がある事実を公的に証明する証拠になることから、貸金業者にとっては嬉々とする書類です。

収入を得ている事実が確かにあることによって、審査も通りやすくなります。

それだけではなく、借入ができる金額も増えることに貢献することになるでしょう。

 
 

収入証明書不要のカードローンである場合、どんなに上限が広くても50万円までしか借入ができないことが多いです。しかし収入証明書を提出することによって大きな金額を借入できる可能性が生まれます。
 
 

利用者にとって収入証明書というのは、勤めている会社に電話が掛かってこないだけではなく、融資を受ける金額を増やすこともできますので、かなり大きな効力を持つアイテムです。

勤務している会社に借金を匂わせるような電話が掛かってくることを勘繰られるのは、どんな人にも抵抗感を得ることになるでしょう。

そのために対処方法は知っておくことをおすすめします。そうすることによって、いろいろとくよくよ悩むこともなくなるはずです。もっとも効果的なのが、収入証明書の提出そして個人情報保護の観点から会社側が教えない、自分自身の借金に対する先入観を捨て開き直ることになります。

 
 
自分がもっとも使いやすい方法で確認方法を選びましょう。
 
 

関連サイト

お金借りるバイトやパート

お金借りる低金利
 
 

お金を借りるときの人気金融機関ランキング

プロミス

プロミスは、『WEB完結』というサービスがあります。審査もスムーズで、今すぐにお金を借りたいという方に多く申込みされています。30日間の無利息期間もついています。

WEB完結なら、全ての申込みがWEBで完結します。お金を借りる際に、何かわからないことがあれば、電話でオペレーターが丁寧に対応してくれます。女性のオペレーターが対応してくれるプロミスレディースは、男性でも利用できる人気のサービスです。女性オペレーターのプロミスレディースをご希望の方はこちらです。

◎プロミスの基本情報

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 500万円
必要書類 運転免許証(交付を受けていない方は個人番号カードや健康保険証等)
※顔写真がない書類の場合は別途書類が必要
※お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要
審査時間 最短30分
返済期間・回数 最終借入日から最長6年8ヵ月・1回~80回
運営会社 三井住友銀行グループ
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

アコム

お金を借りるならアコムが断然オススメ!三菱UFJフィナンシャルグループなので、はじめてお金を借りるという方も安心のカードローンです!
社名のアコム(acom)は、Affection(愛情)、Confidence(信頼)、Moderation(節度)の頭文字を纏めた造語で、「アコムは人間尊重の精神とお客さま第一義にもとづき 創造と革新の経営を通じて 楽しく豊かなパーソナルライフの実現と生活文化の向上に貢献する」が企業理念

男女問わず、多くの方に利用されています。

◎アコムACOM)の基本情報

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 800万円
必要書類 運転免許証(交付を受けていない方は個人番号カードや健康保険証等)
※顔写真がない書類の場合は別途書類が必要
※お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要
審査時間 最短30分
返済期間・回数 最終借入日から最長6年8ヵ月・1回~80回
運営会社 三菱UFJファイナンシャルグループ
アコム株式会社

モビット

ある日突然、お金が必要になったら……。そうした心配は急にやってくるもの。身内や友達を頼り借りることができればよいのですが、親しい仲であるほどお金を貸してとお願いするのは気が引けるものです。

Web完結で申し込めば、電話連絡や郵便物もなく指定口座に入金されます。カードの発行がないため郵送物が自宅に届くこともなく、家族に知られることなく借りることができますね。

◎モビットの基本情報

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 800万円
必要書類 運転免許証(交付を受けていない方は個人番号カードや健康保険証等)
※顔写真がない書類の場合は別途書類が必要
※お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要
審査時間 10秒簡易審査、最短即日
返済期間・回数 最終借入日から最長9年7ヵ月・1回~100回
運営会社 三井住友銀行グループ
株式会社モビット

Copyright© お金借りる!即日可能で緊急な方のための安心カードローン , 2018 All Rights Reserved.