お金を借りた時の感想

アコムでお金を引き出すことが当時よくわかっていなかったんです。

 
 
まわりがアコムとかにキャッシングしてたりしてて自分もコンビニに行って、友達に教えてもらった通りに画面に映る指示に従って入力していったら最後に「借入可能額100万円」と表示されたのです。

 
 

とても驚きました。当時私はアルバイトで社員でもなく収入が月に十数万円程度だったのでこんなに借りれるとは思っていませんでした。

 
 

当時付き合っていた彼氏とその友達と大勢で海外旅行に行くことになり、その時に一人一人があと少し足りないので少しづつ当時の友達に貸しました。

 
 
その後もなにかしらでみんなとキャッシングをして借入額はマックスになりました。その後、毎月少しづつ返してもらってたのですが、利子の計算がめんどくさくなってきて徴収する私が接しにくくなりました。

 
 

当時付き合っていた彼氏の友人というのもあって余計に徴収しづらくなりました。

結局全部は戻ってこなくなり彼氏とも別れ借金だけが残りました。

お金を引き出しては返してbの繰り返しでした。どうしたらよいか分からず、ひたすら給料から減る一方で毎月残るお金は大した金額になりませんでした。

 
 

改めて明細書を見ても利子も返していると思うと本当にマイナスで損した気分でした。

世間の経営者からみたら小さな金額かもしれませんが、本当に火の車とはこのことで、自転車操業でした。

流れるようにお給料がなくなってしまうんですから、毎月何のために働いて生きているんだろうと毎月あの赤いボックスの中に入るのを他の知っている友達とか誰にも見られませんようにと思いながらお金を返済しに行きました。

 
 

鬱まではいきませんが落ち込みました。

あんなに気軽にCMしてはいけないと思います。

そして何も知らず考えずに手を出した私も悪いと思っています。

 
 

確かに生活してて、人とのお付き合いの中で急な出費ってありますからとても便利だと思います。

でも、きちんとお金の管理ができる人、借りれる分だけきちんと稼げる人ではないと、借り入れやローンを組んではいけないと思いました。
 
 

当時、そのお金がなければできなかった思い出と貴重な海外の経験は今でも役に立っているし、私のベースになっています。それが唯一の救いです。
 
 

でも誠実な方法で旅行に行くべきでした。
 
 

アコムを含む他のキャッシングサービスのCMが嫌いになり町で見かける看板も見たくありません。

お金の切れ目は縁の切れ目は本当です。

性別:女性

職業:派遣アルバイト

借りた理由

当時付き合っていた彼氏とその友達と海外旅行に行くのに足りない分を補うため

どこに借りた

アコム

いくら借りた

30万

借りた時の年齢

21