バンクイックは三菱東京UFJ銀行が展開しているカードローンで、銀行系カードローンの中で最も使い勝手が良いと評判です。その理由は様々で、利率の低さや柔軟な対応などが挙げられます。

例えば金利やコンビニATM手数料無料というサービス、さらには土日までの対応など銀行系カードローンにしてはかなり良心的と言えます。

おまとめローンも多くの人が利用していますが、やはり即日のキャッシングも欠かせません。

本来即日のキャッシングは大手消費者金融に限るものの、バンクイックではそれが可能です。

とはいえ時間をかけずにするためには条件があります。まず1つ目の条件は三菱東京UFJ銀行に設置されているテレビ窓口の利用です。

テレビ窓口もとい無人契約機は銀行系カードローンでは珍しいものの、この契約機のおかげで大手消費者金融と同等のスピードが可能になっています。

最短40分と言われており、200万円以下なら本人確認ができる身分証を持っていけばテレビ窓口での手続きで十分です。

ただしこれは運転免許証に限り、パスポートなど運転免許証以外の本人確認ができる身分証を持っていったら後日郵送されるカードを受け取るところから始まります。

付け加えるならテレビ窓口がない場合は三菱UFJ銀行に口座を作る事が条件です。

いずれにしてもまずはローンカードの申し込みから始まります。

実はバンクイックにおけるローンカードとキャッシュカードは別々で、土日の利用やATMからの即日キャッシングをするためにはローンカードの取得は絶対です。

もちろんローンカードである以上、審査は避けられません。

しかしバンクイックでは利用限度額を超えるまで義務付けられていないので気負う必要はないです。

そんなバンクイックの申し込み方法はWEBと電話、そして店舗の3種類に分けられます。

先述したテレビ窓口を含めると正確には4種類ですが、最速でキャッシングをしたい場合はWEBとテレビ窓口との掛け合わせが有効です。

まず公式サイトにある申込ファームをクリックし、必要事項を入力していきます。すると審査が始まり、その結果を電話かメールで受け取るわけです。

それからテレビ窓口に行くのが次の段階ですが、先述した運転免許証とWEBからの申し込み受付シートを忘れずに持っていくのが肝要となります。

あとは必要な手続きを済ませればカードの取得となり、利用開始が可能です。その時間はテレビ窓口で全て済ませるよりも10分ほど短くなります。

WEBとの掛け合わせにしろテレビ窓口のみにしろ、テレビ窓口の利用は急いでキャッシングしたい人に向いた申し込み方法です。

このように即日の利用かつ三菱東京UFJ銀行に口座を持っている人に適したメリットがある申し込み方法ですが、実はもう1つメリットがあります。

それは家族に秘密でカードローンが受けられる事です。

大抵の場合、カードローンの申し込みをすると郵送によって手元に届けられます。

指定した住所に自分1人で済んでいるならともかく、家族とともに住んでいる場合は誤って家族が受け取る事によりカードの一件がバレてしまうケースが数多いです。

カードが入っている書類は目立つので誤魔化す事は期待できず、自力で何とかしなくてはいけません。

対して先述した申し込み方法であれば家族がいる住居にカードが届く心配はないのでバレる恐れはないです。

それだけであれば電話からの申し込みも同様で、ほぼWEBと同じ流れで手続きがされます。

ただしこちらは電話という会話での手続きである以上、運転免許証などの身分証明書が提示できないせいで時間がかかるところがネックです。

結局即日で周りにバレずに申し込むならWEBかテレビ窓口になります。