みずほ銀行カードローンは学生や主婦でも利用できるの?

投稿日:

みずほ銀行のカードローンを利用するには、一定の基準をクリアしていないといけません。

それは言い換えると、指定された基準さえクリアしていると、誰でも利用可能だということです。その条件はまず契約する時の年齢が満20歳を超えていることと、満66歳未満であること、そして安定した収入の主に3つとなります。

その審査はみずほ銀行が委託した保証会社によって行なわれますが、それが受け入れられない人も対象外となります。

つまり大学生や専門学校に通っている学生さんでも、アルバイトなどで安定した収入があればカードローンは利用できるということです。

ただ専業主婦の人はたとえ年齢の条件をクリアして審査を受け入れたとしても、安定収入の部分で対象外となってしまいます。

あくまでも契約する本人に収入があるかどうかが審査されるため、家庭でカードローンを利用する場合は、収入を得ている人の名前を使用しなければなりません。

もちろん主婦の人でもパートなどで本人が収入を得ているのであれば、条件をクリアすることは可能です。

また安定した収入と言っても、ただ少しずつ手元にお金が入るようなものでは利用できる望みは薄いです。

額があまりにも少なければ、審査に通らない確率が高くなります。毎月大きな幅がない額のお金を得ている必要があります。

みずほ銀行のカードローンは限度額が800万円まで設定されていますが、その段階で基準金利は年2%です。

そして最少額である10万円から100万円未満であれば、最大の14%になります。つまり借り入れた額に対してそれだけの金利を支払えると、保証会社から認められなければなりません。

またすでに複数の金融機関でお金を借りていたり、返済が滞っている人は審査に落とされる可能性が高いです。

みずほ銀行カードローンの返済には専用の口座からの自動引き落としとATMを利用した任意のもの、インターネットを使ったみずほバンキングの3通りがあります。毎月10日に借りた残高に応じた額を支払わなければなりません。

いずれにしてもひと月に一度支払いのタイミングが訪れるため、隔月の収入だと満たせないと考えられてしまうわけです。

みずほ銀行でカードローンの利用を申し込む際には、まず口座の有無を確かめる必要があります。

いずれにせよ専用の口座を作らなければなりませんが、普通預金の口座を同時に申し込めるかどうかが違ってきます。

それ以外は基本的に同じで、パソコンやスマートフォンから申し込みが可能です。その際に入力した情報を元に、まずは審査が行なわれます。

その時点で条件をクリアしていない人や、一応はクリアしているけれども返済が保証会社によって見込まれなかった人は断られてしまうでしょう。その結果は申し込みの際に登録しておいたアドレス宛てにメールで届けられます。

もし審査がクリアしていれば、本人確認書類などをカメラ撮影して本契約へと進むことができます。

もし利用限度額が50万円を超える場合は、収入を証明する書類も必要となるので、あらかじめ利用する額がわかっている人は用意しておくと良いでしょう。

そうした手続きを終えて初めて、利用可能となります。同時に普通口座を申し込む場合でも、利用可能になるまでにそこまで大きな日数差はないです。

申し込みの段階では条件である収入の情報などは全て手打ちだけですが、内容を偽ってはいけません。

場合によっては法律に触れてしまうことになりかねません。

審査はしっかりと行なわれるのでもちろん通らないだけでなく、後の利用にも響いてくる可能性があります。

誠実さを持って自信を偽らずに、もし拒否されてしまったのであれば審査に通るように改善すると良いでしょう。

-みずほ銀行カードローン, 銀行系からお金を借りる

Copyright© お金借りる即日可能!低金利で緊急の方のための安心カードローン , 2019 All Rights Reserved.