みずほ銀行カードローンと三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックはそれぞれ審査内容が違いますが、一体どのように違うのでしょうか。

その違いをカードローン口座開設にあたり、事前に知っておくことが重要になります。

まず、みずほ銀行カードローンの場合には、年齢制限が20歳以上で66歳未満と定められており、安定した収入があることが重要条件になるわけです。

安定した収入といっても、年収が高くなければいけないわけではなく、派遣社員やアルバイトそしてパートなどでも問題なく契約をすることが可能になります。

つまり、社会的な身分だけでは審査から落とされる事はなく単に収入を見ているだけになります。

今までなかなか借りることができなかった派遣社員やアルバイトでも気軽に借りることができる点は大きなメリットと言えるかもしれません。

申し込みに必要な書類は、本人確認に関するものや収入証明等が必要です。

ただし、借り入れ額が10万円未満のときには収入証明書は特に必要ありません。

本人確認書類に関しては、運転免許証やパスポートあるいは健康保険証等があればそれを提示しましょう。

カードローン機能に関しては、収入によって大きく変わります。収入が800万円以上ある場合にはカードローン機能もより多くなるでしょう。

キャッシュカード兼用に関しては、特に問題なく利用することが可能になります。

保証会社は、株式会社オリエントコーポレーションと呼ばれるところで、独自審査を行っており審査に落ちる人の条件を明確にしているのが特徴です。

まず、過去に信用に関して問題があった場合には審査に通さないようにしています。

具体的な内容としては、長期延滞や債務整理をした場合あるいは代位弁済を行った場合がこれにあたるわけです。

長期延滞とはどれほどの期間のことを言うかと言えば、およそ3ヶ月ほどとされています。

それだけの期間滞納することになれば、必然的にお金を借りる事ができなくなっても仕方がないと言えるでしょう。

最後に、在籍確認を行いますが昨日まで在籍していたと言ったものでも在籍確認は認められませんので今現在在籍していることが重要です。

では、三菱東京UFJ銀行のカードローンバンクイックの場合はどのような条件になるでしょうか。

まず、年齢制限は20歳以上で65歳未満までとなっています。次に、国内に居住する個人に限られますので法人等には貸し付けを行っていません。

最後に、安定した収入があることが重要です。

安定した収入とは、毎月1回の収入があることが定められています。

もちろん何回あっても問題ありませんが、毎月1回もない場合などがあれば審査自体は厳しくなると言って良いでしょう。

年齢制限は20歳以上で65歳未満までとなっています。

次に、国内に居住する個人に限られますので法人等には貸付を行っていません。

最後に、安定した収入があることが重要です。安定した収入とは、毎月1回の収入があることが定められています。

もちろん何回やっても問題ありませんが、毎月1回もない場合などがあれば審査自体は厳しくなると言って良いでしょう。

つまり、不定期収入の場合には、審査に通らない可能性がありますので少なくともアルバイトや派遣社員などになっておくことが重要になります。

それ以外では、信用情報などを閲覧しますので過去に長期的な滞納したり債務整理をしている場合さらには強制解約等をさせられた経験がある場合には、審査に通りにくくなると考えて間違いありません。

すでに、他の金融機関から借り入れをしていても特に問題はありませんが語圏以上から借り入れをしている場合にはまず審査に通る事はありません。

そのため、複数のところから借りている場合には、早い段階で支払っておくことが重要になります。

ちなみに、キャッシュカード兼用はありませんので注意したいところです。