お金を借りるときに重視するポイント!少額からでも借り入れ可能かどうか

現在あるカードローンのほとんどは、「1万円からお金を借りることができる」というシステムを採用しています。最大で借りられる金額は人それぞれで違っていて、契約時に設定された「限度額」の範囲内であれば基本的に自由に利用できるという形です。いずれにせよ、「必要以上借りない」というのがカードローンを利用する上でのポイント、延いては借金をする場合のポイントになります。
 


 
たとえば、カードローン業者に10万円の借り入れを希望した場合、審査結果によっては「融資不可」と判断されてしまう可能性もありますが、見事に契約できた場合には「50万円まで利用可能」という内容になることも珍しくありません。

一応、申し込みの時点でいくらの借り入れを希望するのかという確認がありますが、その通りになることもあれば、それ以下であったりそれ以上になる可能性もあるという点がポイントです。
 
 
ただし、いくらの限度額に設定されたとしても「必要な金額以上は借りない」ことがとても大切です。上記の通り、本来ならば10万円で十分な状態でも50万円まで使える状態であれば、「思いがけず借りてしまう」可能性は高いです。もちろん、いくらの借り入れをしようとも返済できる状態であれば何の問題もありません。しかし、返済できなくなってしまう可能性があるならば、必要最少額の借り入れに留めておいた方が賢明です。
 
 
これは、カードローンの仕組みから考えても明白です。

なぜならば、「カードローンは借り入れ金額が少なければ少ないほど、借りている期間が短ければ短いほどローリスクで利用できる」という仕組みでできているためです。

少しでも少ない金額に留めつつ、なおかつ短期間で完済することを目指すために必要なことは「返済計画」の作成であり、さらには「必要額に近い下限設定のカードローン」を利用することです。
 

 
冒頭でも書いている通り、ほとんどのカードローン業者は最小1万円から借りられると考えて問題ありません。特に「消費者金融系カードローン」はそういった仕組みなっていることが多いです。ただし、「銀行系カードローン」の中には最小額が10万円に設定されているものもあります。その場合、借りたい金額が1万円だった場合は9万円余計に借りることになってしまうため、当然返済のリスクは高まります。
 
 
カードローンを利用している場合には、「金利」が常に関係します。金利とは、「利息や手数料などの元金以外のコストの総額を割合で表したもの」で、これを見ることで年間の必要額を把握することができます。たとえば、「金利10%」のカードローンを利用している場合ならば、借り入れ額が10万円ならば年間1万円の利息が発生することになります。借り入れ金額に対して10%が利息やその他の金額になるため、100万円なら10万円の利息になります。
 
 
ということは、1万円の借り入れを希望している場合の利息は1000円で済むのですが、10万円になってしまった場合は1万円の利息が必要になってしまうため、単純に10倍リスクが高まります。もちろん、普通のサラリーマンほどの収入があれば取り立てて問題視するような債務にはなり得ないことが多いものの、万が一の状況を含めてリスクは少しでも少ない方が賢明です。
 
 
100万円の借り入れを希望している場合にはできるだけ大きな借り入れが見込めるカードローンを利用した方が効果的ですが、少額借り入れを希望する場合には「希望額にあったカードローンを選ぶ」ということを意識することが大切です。そうすることによって返済のリスクを軽減することができるので、延いては効率的なカードローン利用につながっていきます。
 
 
ただし、1万円と10万円の借り入れが必ずしも10倍の違いになるとは限りません。もっとも、1万円の借り入れならば1回の返済で完済してしまうことは普通なのですが、利息の計算は「年間額」で表されるため、上記例で挙げたような1000円の利息は「年間で1000円の利息が発生する」という意味になります。毎月1000円の利息が発生するという意味ではないため、月割りすると約80円しか利息は発生しません。
 
 
借り入れ翌月に完済した場合の支払利息は約80円なので、完済金額は約10080円となります。金利10%を金額に表した場合は1000円ですが、実際に完済するまでに支払った利息は約80円しかないので「実質年率0.8%」ということになります。そもそも金利の表記は「実質年率」で表されていることが多いのですが、利用環境によっては実際の実質年率は変動する可能性があるという点が重要なポイントです。
 
 
1万円の借り入れでも10年間そのまま継続した場合には1万円の利息を支払うことになるので、10万円を1年間借りた場合の利息と同じです。ただ、前者金利100%と同じ結果になってしまいます。必要最少額に抑えつう、さらに短期間で完済できるように心がけることが大切です。