正規雇用や派遣・契約社員として仕事をしている方であれば、お金を借りる方法として銀行や消費者金融のカードローンあるいはクレジットカードのキャッシングを選択することができます。

銀行カードローンの多くは金利が低いのが特徴でパート・アルバイトの人でも申込が可能なのですが、ほとんどの銀行は安定した収入がある正規雇用者を対象としているのでパートやアルバイトで生計を立てている方が銀行の審査に通ることは困難だと思われます。

さらに銀行カードローンの多くは最低限度額が30万円と高めに設定されているので、年収額が少ない人が数万円程度の少額で銀行カードローンを利用することができません。
 
 

消費者金融はパートやアルバイトでも融資が可能

消費者金融はパートやアルバイトでも融資が可能

消費者金融であれば銀行カードローンよりも金利が高めですがパートやアルバイトの方でもお金を借りることができます。

消費者金融は貸金業法の総量規制が適用されるので借り入れができる金額が年収額に対して1/3に制限されてしまいますが、数万円程度の少ない限度額でもお金を借りることができるので年収が少ない方でも利用することができます。

大手消費者金融でも限度額が3万円とか5万円などの少額でもカードローンを利用することができるので、パートやアルバイトで仕事をしていて年収額が少ない方でもお金を借りることができる可能性がありおすすめです。
 

今すぐお金を借りるならプロミスとSMBCモビットがおすすめ!

 

消費者金融でお金を借りる時のテクニック

消費者金融でお金を借りる際に審査に通過しやすくするためのテクニックがあります。カードローンは年収・勤続年収・他社からの借り入れなどの他にも申し込みの際に本人が申告した内容も審査の対象とされます。

資金の使い道や希望限度額についての情報も審査の材料とされ、例えば年収額に対して1/3を超えるような高額の金額を記入するとお金に困っている人と判断されてマイナスの評価となってしまいます。

逆に少ない金額を記入すれば真面目で几帳面な性格であると判断されて審査の際にプラスに作用することがあります。

このため年収額が少ないパートやアルバイトの方で審査に通るかどうか不安な場合は申込手続きの際には控えめの希望金額を申告しておくようにしましょう。

増額を希望する場合、少なくとも半年以上の利用実績または数回程度の借入と完済を済ませた後に申請をするようにしましょう。

また、銀行カードローンのであっても消費者金融と同じように金利が高めに設定されているかわりに審査基準が緩い銀行もあります。

例えばオリックス銀行カードローンであれば最高金利が年率17.8%と大手消費者金融と同じように高めに設定されていますが、審査の基準が消費者金融とほぼ変わらないのでパートやアルバイトの方でも審査に通過する可能性があります。

消費者金融の他にも金利が高めに設定されている銀行カードローンを検討してみることができます。


 
 

消費者金融の審査におちたら

もしも大手消費者金融の審査に通過することができなかった場合には中堅規模の貸金業者にチャレンジをしてみる方法もあります。

最近は中堅規模の消費者金融業者でもインターネットを活用して全国展開をする会社が増えているので、日本全国どこに住んでいても手軽に申し込みができます。

中堅または小規模の貸金業者はなるべく多くの人に少額の融資をすることで利益を得ているので、会社によっては数年以内に債務整理を経験した人や信用情報機関にマイナスの情報が登録されているような人でも少額の融資が受けられるケースがあります。

中にはアルバイト学生でも数万円単位の少額のお金を貸してくれるような貸金業者もあるほどです。このため年収額が少ないパートやアルバイトの方でも中堅規模の貸金業者に申し込みをすれば数万円~10万円程度の融資が受けられる可能性があります。

中堅規模の消費者金融業者からお金を借りる際はカードローンではなくてフリーローンとして振込キャッシングを利用します。振込キャッシングでは最初に指定した銀行口座にお金を振込んでもらった後に翌月から毎月決まった金額を銀行振込で返済します。

 

キャッシングの裏技

パートやアルバイトの方で消費者金融やクレジットカードのキャッシングを利用することができない方であれば、携帯電話の決済機能を活用してお金を借りる方法もあります。

NTTドコモ・au・ソフトバンク・ワイモバイルの大手携帯電話会社の携帯電話またはスマートフォンを利用している方であれば電話会社が一時的に代金を立て替える形でお買い物ができるキャリア決済機能が利用できます。

携帯電話会社によっては未成年者でも少額のキャリア決済が利用できる場合もあります。

キャリア決済に対応したオンラインショップでお買い物をした際に代金の支払いにキャリア決済機能を利用することができ、決済代金は翌月以降に電話代と一緒に携帯電話会社から請求されるサービスです。

キャリア決済機能を利用すれば携帯電話会社が独自に発行するプリペイドカードにチャージすることも可能なので、アマゾンギフト券やその他の金券などを購入して買い取り業者を利用して換金することができます。

この方法を利用すれば翌月以降にキャリア決済代金が請求されるまでの間にお金を借りることができますし、携帯電話代をクレジット払いにすれば更に1ヶ月だけ余分にお金を借りることになります。