年齢を教えてください






お金の豆知識

ネット銀行を利用すればキャッシングでお金を借りることができる

お金を簡単に借りる方法としてオンラインで全ての手続きを完了させてしまう方法があります。ネット銀行の講座を開設するだけでオンラインでキャッシングを行うことができるようになるからです。口座を開く手続きから基本的にはオンラインでほとんどを終えることができます。氏名や住所、年収や口座開設の目的などに関する必要情報を入力してオンラインで送信し、本人確認書類を提出すれば手続きは終わりです。銀行によっては本人確認書類も郵送する必要がなく、アプリなどを使って免許証の写真などをアップロードすれば利用できるようになります。 この口座開設を終えてしまうといつでも気軽にお金を借りられるようになるのが特徴です。一般的には口座開設を行うとアカウントが作成されます。そのアカウントでログインすると審査の申し込みができるメニューがあり、それを選択して借り入れをしたい金額や借入期間、使用目的などを入力するだけで審査の申請ができるのです。借入可能額については口座開設の時点で申告した年収や信用情報などによって定められていて、その上限額以下であれば24時間どこからでも申請することができるようになっています。申請を行うと審査が行われて結果がメールやオンラインメッセージで送られてくるようになっていて、その内容を承認すると速やかに銀行口座にお金が入金されるという仕組みです。このような簡便なシステムになっていることから、一般的には返済についても一定の形が銀行ごとに決まってしまっています。毎月定額で返していくシステムが最も多いですが、元利均等返済か元金均等返済のどちらになっているかも銀行ごとに異なるので借り入れをするときには確認が必要です。商品名としてカードローンになっていることも多いですが、基本的には大きな違いはありません。一般的にはキャッシングの方が短期間で一括返済になっていて借り入れできる金額が少なめになっているのに対し、カードローンの場合には長期的に大きな借り入れをするのに向いている商品になっています。明確に定義されているわけではないので、銀行ごとにどのような趣旨でお金を貸してくれるのかを確認することが重要です。返済方法については開設した口座にお金を入れておけば良いだけであり、残高が足りている限りは毎月引き落とされていくだけなので簡単に返済ができます。もし残高が足りなかった場合には保証会社などから不払いになっていることの通知が届きます。ネット銀行の場合にもこの通知が保証会社から送られてくる場合にははがきで届くことが多いので注意が必要です。やむを得ない理由によって入金が遅れてしまう場合には予め銀行側に連絡しておくとこのような通知を受けずに済みます。その場合の対応についてはケースバイケースなのでよく相談して返済方法を検討することが重要です。 ネット銀行を使ったキャッシングでは銀行によって限度額、借入利率、借り入れ期間、審査基準などに違いがあるため、状況に応じて適切な銀行を選ぶことが重要です。限度額は数百万円から一千万円程度が一般的ですが、借入利率については借り入れる金額によって大幅に異なり、金額が大きいほど金利が少なくなっています。借り入れ期間は一ヶ月程度から三年程度まで幅広く受け入れてくれるのが通常です。審査基準については年齢による制限や収入による規定があるのに加えて、保証会社による審査の通過が求められます。年齢については通常は20歳以上60歳から70歳程度までを対象していて、収入についても安定した仕事についていて収入があることが求められているのが一般的です。ただし、専業主婦や学生の場合でも配偶者や親に安定した収入がある場合には審査を通過できると定めていることが多くなってきました。保証会社については銀行が提携している保証会社での審査をキャッシングを申し込んだときに同時に行ってもらえるため、自分で手配する必要はありません。また、申し込んでから審査を終えてお金を借りられるまでにかかる期間についても銀行によって差異があります。即日審査をうたっている銀行もあるため、速やかに借りたいという人にとって有力候補になります。しかし、その代わりに利率が高くなっている場合もあることから十分に比較検討をすることが重要です。 銀行によっては口座を持っていない状態からすぐにキャッシングの申し込みを行える場合もあります。通常は手続きの中で口座を開設することになりますが、口座開設を経てお金を借りようと改めて申し込みをするよりも早く借りられるのがメリットです。 このようにネット銀行を使うと手軽にネットを使うだけでキャッシングでお金を借りることができます。予め口座開設をしておくといざというときに速やかに申し込みができるので、お金を借りる必要が生じるかもしれないという懸念がある場合には使い勝手の良さそうな商品を用意している銀行を選んで口座を準備しておくのが大切です。