アンケートの送信が完了しました。

コードを取得し、クラウドワークスへそのコードを記載してください。







お金の豆知識

旦那に内緒でお金を借りる

旦那に内緒でお金を借りることは可能ですが、いくつかのポイントをおさえておく必要があります。

旦那に内緒にしておきたい場合、パート・アルバイトでもよいので一定の収入があると選択肢が増えます。

パート・アルバイトでも収入があるのなら、消費者金融も選べるからです。

専業主婦をやっていて無収入の人の場合には、消費者金融を利用することができません。その理由は、消費者金融では総量規制がかかるからです。総量規制は貸金業法で定められており、「年収の3分の1を超える融資を受けられない」というルールです。

専業主婦の人は年収がゼロなので、総量規制にひっかかってしまいます。

例外的に、配偶者貸付けを利用すればお金を借りることが可能ですが、その場合には配偶者の同意が必要になるので、旦那に内緒にしておくことはできません。

銀行や信用金庫では貸金業法が適用されず、それぞれ銀行法、信用金庫法が適用されますので、総量規制はありません。

銀行カードローンの説明ページを見ていると、「専業主婦の人は限度額50万円まで」などと書かれています。

限度額は30万円~50万円くらいが限度になってしまうようです。

しかし、逆に言えば小口融資を受けるだけなら旦那に内緒にしたままお金を借りることができるということでもあります。

専業主婦の人は銀行カードローンや信用金庫カードローンが選択肢となるでしょう。

もちろん、パート・アルバイトなどで収入を得ている主婦の人も、銀行カードローンや信用金庫カードローンのほうが金利が低いのでおすすめです。

最近のカードローンでは、インターネットで契約が完結するタイプの商品が増えてきています。

契約書などが自宅に送られてくることがなく、インターネットからダウンロードするタイプの商品ならば、家族にバレる心配は減るでしょう。

カードについては自宅に送られてきてしまうので、なるべく自分で受け取るようにしておきましょう。

専業主婦の人ならば郵送物を自分で受け取れる可能性が高いでしょう。

カードが自宅に送られてくることも不安だという人は、カードレスの商品を選びましょう。

あるいは、ローン契約機(無人契約機)が設置されている金融機関のカードローンを選び、ローン契約機でカードを受け取るようにすればカードも自宅に送られてくることがありません。

クレジットカードを持っている人は、キャッシング枠がついていないかどうかを確認してみましょう。

クレジットカードにキャッシング枠がついていれば、銀行振込みでお金を借りることができます。

最近のクレジットカードの多くはATMからお金を引き出せるようになっているので、銀行口座に記録を残したくない場合にはATMからお金を引き出すようにしましょう。

クレジットカードにキャッシング枠がついていない場合でも、申請をすることでキャッシング枠をつけてもらえるケースがあります。

審査がありますが、それまでの利用実績が良好ならばキャッシング枠をつけてもらえる可能性は高いでしょう。

いずれにしても、お金を借りるためには審査に通過しなければなりません。

審査のポイントとしては、年収、勤務形態、勤続年数、個人信用情報、年齢、他社からの借り入れ件数などが重要になります。

結婚をしている人はマイホームに住んでいる人が多いでしょう。

賃貸マンションよりもマイホームに住んでいる人のほうが有利になる傾向です。

小口融資を受けるだけならば年収は低くても審査には通る可能性があります。小口融資を受ける場合に最も重要になりやすいのが、個人信用情報です。それまでのクレジットカードやローンの返済で延滞をしていないことが重要になります。

配偶者貸付けなどを利用せず、旦那に内緒で借りる場合には、旦那の属性は基本的に審査に影響しません。

本人の個人信用情報が重要になるので、本人が過去に延滞などをしておらず、良好な利用実績を積んできているのなら有利になります。

配偶者貸付けを利用する場合や、夫を連帯保証人にする場合などには夫の属性も重要になるので、夫が過去に自己破産などをしている場合には不利になります。

最近のカードローンは自宅に明細などが送られてこないようになっています。

しかし、延滞をしてしまっている場合には事情が変わってきます。

延滞をしてしまうと、自宅に電話がかかってきたり、請求のハガキが届いたりしてしまいます。

いくら「自宅に郵送物を送らないでほしい」と頼んでも、延滞をしている人には対応してくれないでしょう。

たった1日でも期日に遅れたら契約違反となってしまうので、自宅に請求書が届けられることは避けられません。どうしても返済ができないという場合には、早い段階で弁護士や司法書士に相談をしましょう。

早い段階で任意整理をしてしまえば、家族にバレないですむ可能性が上がります。弁護士や司法書士に家族に内緒にしておきたいという相談をすれば、できる限り配慮してくれるはずです。