プロミスはSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が運営するカードローンサービスです。金利は年4.5%から年17.8%で、融資限度額は500万円とされます。

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社は三井住友フィナンシャルグループに所属しています。

三井住友銀行の関連会社ですが、消費者金融業者です。

カードローンには銀行系と消費者金融系、信販会社系があります。

銀行系のみ貸金業法が適用されないので総量規制の対象外です。

プロミスは消費者金融系に該当するので総量規制の対象となります。

利用者の年収の3分の1を超える融資は、法的に禁止されています。

カードローンの金利は一般的に年2%から年18%とされていますが、プロミスの最高金利は年17.8%なので多少低めです。

銀行系カードローンであれば、年10%以下の金利でキャッシングができる場合も存在します。

消費者金融系は金利が高めで融資額が少ない反面、審査が緩やかに行われるため借りやすいという特徴があります。

プロミスは総量規制の対象となるので収入のない専業主婦は利用できません。主婦でもパートやアルバイトなどで安定した収入があればキャッシングができます。

主なサービスの特徴としては、初回利用者の場合に30日間の無利息期間が設定されています。

またインターネットで申し込み手続を完了すればカードなしでも借入が可能です。女性専用の窓口もあり、女性オペレーターが対応しています。

申し込みはインターネットの他にも自動契約機や三井住友銀行のローン契約機、電話、郵送、店頭窓口で行うことができます。

インターネットからの申し込みであれば24時間可能です。自動契約機や店頭窓口を利用する場合には、その場で契約してカードを受け取りキャッシングができます。

初めてキャッシングを行う場合には、スタッフと相談しながら手続ができる店頭窓口や電話が合理的です。

カードを受け取るためには、借入方法を口座振込以外にする必要があります。

インターネットから申し込み、口座振込を選んだ場合にはカードが発行されないので郵送物もありません。

キャッシングの事実を家族に知られたくない場合に便利な方法です。

カードを発行する場合には自宅への郵送か、自動契約機もしくは店頭窓口で受け取ることになります。

郵送の場合でも差出人は事務センターと書かれているため、基本的にローンカードと知られる心配は不要です。

郵送物自体をなくしたい場合には、自動契約機か店頭窓口を利用することになります。

現在多くのカードローンでは金利の上限を年18%に設定しています。

利息制限法では融資額に応じて金利の上限が定められており、超過すると無効と扱われます。

融資額が10万円未満の場合には年20%まで、10万円以上100万円未満の場合には年18%まで、100万円以上の場合には年15%まで認められます。

多くのカードローンでは、利息制限法で定める融資額が10万円以上100万円未満の場合の年18%と同じ利率に上限金利を定めています。

プロミスの場合は多少低く年17.8%です。貸金業者は利息制限法の他に、出資法と貸金業法によって利息が制限されています。

出資法では平成22年6月17日以前は上限金利が29.2%とされていました。出資法の上限と利息制限法の上限の差をグレーゾーン金利と呼びます。

グレーゾーン金利による融資は利息制限法では無効ですが刑事罰の対象とされず、厳格な要件のもとに有効とみなすみなし弁済規定が存在しました。

しかし平成22年6月18日に出資法の上限金利が20%に引下げられ、グレーゾーン金利が廃止されます。

さらに利息制限法と貸金業法も改正されみなし弁済規定も廃止されました。現在では利息制限法と出資法の間の金利で融資を行った貸金業者は、貸金業法により行政処分の対象となります。

出資法の上限を超えた融資を行った場合には、当然刑事罰の対象とされます。グレーゾーン金利は廃止され、多くのカードローンでは上限金利を年18%としています。

プロミスは上限金利が年17.8%となっており、他の消費者金融系カードローンと比較すると低い金利で融資を受けることができます。

また安定した収入があれば、主婦やパート・アルバイトでも申し込みが可能です。審査時間も早く最短の場合には30分で完了し、即日融資にも対応しています。

三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を保有している場合には24時間いつでも10秒で入金される「瞬フリ」いうサービスもあります。

「瞬フリ」は土日・祝日や深夜でも利用できます。三井住友銀行かジャパンネット銀行以外の口座を指定した場合には、通常の振込キャッシングとなります。

平日の0時から14時50分の間に申し込むと、当日中に振込可能です。

ポイントサービスも行っており提携ATMの手数料を無料にしたり、ポイント数に応じて一定期間無利息にすることもできます。

期間は7日間、15日間、30日間から選択でき、初回利用者でなくても無利息となります。