お金を借りる際には年利がどの程度なのかを気にかけるのが一般的です。

プロミスでは金利適用方式や借入利率、返済方式などについて商品ごとに明記をしていて、その記載を見ることによって借りたお金にどれだけ利息を上乗せして返さなければならなくなるかを計算することができます。

例えばフリーキャッシングの場合には金利適用方式は単一金利になっていて最初に定められた借入利率から返済する必要がある金額を総額として計算することが可能です。

返済方式は残高スライド元利定額返済方式になっているため毎月の返済額は一定になっているということもわかります。

このようにしてどの程度の金額をどの程度の期間に渡って返済しなければならないかをシミュレーションしておくのは返済を滞らせないようにするために重要ですが、いざ計算しようとしたときに年利がどの程度になるかを調べてみると、実質年率という記載がされているのに気づきます。

この意味を理解していないと正しくシミュレーションすることができません。

実質年率は実質年利とも呼ばれている指標であり、支払わなければならない利息以外にもかかる費用を足し合わせてどの程度の費用負担が生じるかを年率に換算したものです。

単純な年利から支払利息については求めることができます。

しかし、実際にはローンやキャッシングを利用するためには手数料が発生するので、それも合わせて支払わなければなりません。

ローンに関わる事務手数料や契約書類を作成するための印紙代が代表的な手数料です。

また、保証会社と契約して返済ができなかったときに立て替えてもらうことになるため、保証会社に支払う保証料も継続的に必要になります。

保証料については借り入れをしている金額に対して一定の割合で定められているのが一般的です。

保証料や他の手数料を先に計算して金利に対して上乗せを行っておくことにより、消費者にとっては実質的に余分に支払わなければならない金額がどの程度になるかがわかりやすくなります。

そのため、プロミスでは実質年率で借入利率を表示しているのです。

単純な年利しかわかっていない場合には自分で計算を行わなければなりません。

借りるお金の金額に年利をかけたものに1年間の手数料をかければ年間にかかる費用の総額がわかります。

これを借りるお金の金額で割って100をかけたものが実質年率です。

裏を返せば単純な年利に対して実質年率が高いというときには手数料の比率が高くなっていることを示しています。

実質年率で借入利率を表示する銀行や消費者金融が多いことから業界では足並みを揃えて比較しやすくしているというのも事実です。

単純な年利しか記載されていない場合には消費者としてはお金を借りるのにかかる手数料について個々の金融機関ごとに調べなければ、どの金融機関が最も年率が低くてお得に借りられるのかがわかりません。

事務手数料や保証会社に支払う保証料については明確な形でホームページなどに記載されていないことも多く、実際に金融機関に相談してみなければわからないこともあります。

年利が低くて魅力的だったけれど実質年率は高かったということになって、また別の金融機関に相談しなければならなくなったというのでは消費者が苦労してしまうことは否めません。

その点でプロミスのように実質年率で表示してあれば消費者が自分で比較してよりお得にお金を借りられる金融機関を選びやすいというメリットがあります。

見た目では単純な年利で表示した方が数字が小さくなるので消費者にとっては魅力のある商品に見えるのは確かです。

そのため、消費者視点で情報提供を行うというスタンスを持っている金融機関だからこその表示方法となっています。

実際には実質年率から毎月の返済金額を計算したり、返済金額をある金額にするための返済期間を決定したりするのは慣れていないと手間がかかります。

しかし、プロミスではオンラインで利用可能なシミュレーションプログラムを提供しているので簡単に計算することが可能です。

借りたいお金の金額と返済期間、実質年率から毎月の返済金額を計算したり、借りたいお金の金額と毎月の返済金額、実質年率から返済期間を求めたりすることができるようになっています。

このシミュレーションを行うと、返済を行ったときに元金、利息、残高がどのようになっていくかについても具体的に表示させることができるため、返済計画を立てるときに役立つ情報が手に入ります。

このようにプロミスでお金を借りる際には実質年率あるいは実質年利と呼ばれる指標を知っておくと、手数料などの情報を必死に調べなくてもよくなるというメリットがあります。

実際には返済計画についてのシミュレーションを使うと具体的な返済金額や返済期間はわかりますが、ローン商品の比較をするときには指標としてわかりやすいものです。

消費者視点でサービスを提供してくれていることを示している根拠にもなるので、実質年率を確認することは重要と言えます。