Q. 飲み物で、一番好きな飲み物は何ですか?
  • 別の選択肢を追加する






お金の豆知識

プロミスの審査は時間はかかるの?

プロミスにおける審査の時間は、申し込んでから書類に目を通したり、信用確認を完了するまでの時間を指します。
 
 
知名度が高く人気のある金融会社は、借入契約の希望者がたくさん集まってくるのが特徴!

プロミスも良く知られる人気の高い金融会社でタイミングによってはお金を借りたい人が集中していることもあります。

しかし、プロミスは即日融資というスムーズな契約を全面に掲げている会社ですから待たされることは非常に少ないようですね。
 


 

混雑するのは土日や祝日といった平日以外で、特に当日審査の申し込み期限が迫る午後2時前に申し込みが集中しやすいようです。

なので土日・祝日の混みやすい時間帯を避ければ、スムーズに契約できる場合が多いです。
 
 
融資を急がれる場合であれば、Web契約がおすすめです。

夜間でも申し込みを行えるため、翌日の早いタイミングで結果が分かる可能性がりますね。
 
 
プロミスは365日何時でも曜日を問わずに受け付けていて、最短30分で審査結果の回答を行うと明言し、結果が出た後は*最短10秒の借り入れが約束されていて、スピーディーさを重視した経営をしていることが分かります。

注)最短10秒の借り入れをする場合下記のいずれかの条件を満たす必要があります。

➀三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座をプロミスにご登録頂ければ、24時間最短10秒でお振込み可能。
⓶平日14時までに契約完了していれば最短10秒でお振込み可能

プロミス利用者の口コミ

実際にプロミスに借入を申し込んで契約に結び付けた利用者の口コミをピックアップしてみました。

公言通り30分で融資された

肝心の口コミでは申し込み後30分から、遅くても約1時間で融資が始まったとの声が多数です。
 
 
つまりプロミスの売りである、即日融資のキャッチフレーズは本物で、ほぼ希望通りの契約が実現しているようですね。

ただし、注意しなければいけないのは、融資までのプロセスや結果には個人差が生じるので、誰もが同じ契約を体験しているわけではありません。
 
 
それでもプロミスは真摯な態度で融資の希望に応える為に、なるべく早めで納得の回答を出すように心掛けています。
 
 
最短30分の審査には偽りがなく、何らかの理由で遅れても1から3時間以内には融資が実行されて流との声が多数でした。

融資までに半日から1日かかった

次いで多いのは半日から1日という口コミもあります。

申し込みに対しては順次対応が行われているので、集中的な申し込みがあったとしても大幅な遅れは起こりません。

こういった遅れが生じる原因としては、通信的なトラブルや信用情報の確認の遅れなどが挙げられるそうです。
 
 
通信的なトラブルとは必要書類の送信が上手くいっていなかったり、信用情報機関との連携が取れていないなどでしょうか。

通信トラブルは外部的な要因と内部的要因があり、外部要因には申し込み者側の問題も関わります。
 
 
このような問題はも稀に発生することがあり、大幅な遅れに直面したら手続き上の不備を確認したり、
翌日までには回答が得られると信じて待つ位の心持ちが無難です。
 

 

融資が翌日以降となった

プロミスは融資の早さが売りなので、待ちの発生を良しとしていなかったり、再発を防ぐ為に改善しようという姿勢があります。

それなりの理由がなければ待たされることはなく、大抵の場合は当日中に融資の答えが出るはずです。
 
 
翌日以降に結果が出たという口コミは比較的少数派ですが稀にあるようですね。

会社勤めで年収200万円と一見問題のなさそうな属性の方でしたが、借り入れに3日以上掛かったという事例もありました。
 
 
希望額も10万円未満で用途は生活費ですから、信用に問題がなければ待たされる心配のない借り入れ希望条件です。

申し込みを行い3日経て出た結果は融資可との判断。
 
 
即日融資が実現しなかったのは残念なポイントですが、後に継続利用の勧誘はなく気持ち良く利用できて満足していると好意的です。
 
 

審査時間の遅れは結局の所、原因不明ではあるものの、最終的に満足感を覚えられたのは良い結果です。

これらのことからプロミスの魅力的な評判は事実で、
 
 

実際の待ち時間に誤差や個人差はありますが、数日待たされるケースはほとんど見当たりません。

殆どの人は30分程度で借り入れを始めることができていることから、素早い対応を期待したい場合に選ぶ価値のある金融会社です。