就職活動や友だちとの付き合いなどで急にお金が必要となることの多い学生にとって、カードローンやキャッシングサービスを契約しておくメリットは大いにあると考えられます。

カードローンは一度審査を通過して契約を済ませておけば専用のカードを利用してコンビニに設置されているATMからいつでも好きな金額を借り入れることができます。

また毎月の返済額は一定額となっているので多額のキャッシングをした場合でも無理なく返済をしていけるというメリットがあるのです。

手軽にカードローンの申込みや契約ができる金融機関としては消費者金融が有名ですが、2010年に総量規制という法律ができてからは消費者金融からキャッシングをすることは容易ではなくなりました。

学生でも消費者金融からお金を借りることは可能なのでしょうか。

結論から言いますと、学生が消費者金融からお金を借りることは可能です。

年齢要件を満たしていて、尚且つ継続的・安定的な収入があると認められれば学生でも全く問題なく契約をして借り入れを行うことができるのです。しかしながらカードローンの契約申込みを行う際には幾つか気をつけなければならないポイントがあります。申込時の注意点について詳しく解説を行っていきます。

申込時に気をつけなければならないポイントとして真っ先にあげられるのが年齢要件です。

融資に関する法律で金融機関は未成年に融資をしてはならないという旨の法律があるため銀行では未成年への融資を行っていませんしそれは消費者金融も例外ではありません。

カードローン申込時の年齢が満20歳以上であれば全く問題ありませんが、カードローン申込時に年齢が20歳に達していない場合にはカードローン契約をすることができないので20歳になるまで待ちましょう。

また年齢要件と同じくらい大切になるのがアルバイトなどをしていて安定した収入があるかどうかということです。

消費者金融のカードローンは総量規制の対象のサービスであり、年収の3分の1を超える借り入れができません。もしも年収が0円或いは0円に近い金額だった場合法律による制限によってカードローン契約が不可となってしまうのです。

さらに言えばたとえアルバイトなどをしていてある程度まとまった年収があったとしても短期のアルバイトを転々としている場合などにはカードローン審査を通過するのは極めて難しいと考えられます。

カードローンは無担保ローンであるため、金融機関は審査の際に申込者の返済能力の有無についてしっかりと確認を行います。

一つの職場に長く勤務している場合には金融機関の信用度が上がり審査を通過できる可能性が高くなりますが、職場を転々としている場合には安定した収入があるとはみなしてくれないため審査通過は非常に難しいと考えられるのです。

カードローン契約のためには最低でも6ヶ月以上の勤続期間が必要となるので、もしも長期のアルバイトをしていない場合にはまずは長期のアルバイトを始めることが重要ですし、長期のアルバイトをしている場合には最低でも6ヶ月以上勤めてからカードローン申込みを行うことをおすすめします。

カードローンに申込みをする際には複数の金融機関に同時、或いは立て続けに申込みをしようと考える人は多いでしょうが、実は一度に複数の金融機関に申込みをしてしまうと審査を通過できる可能性が下がってしまうのでおすすめはできません。

実はカードローンの申込み履歴については信用情報に記載され、信用情報は金融機関の間で共有されています。

もしも短期間に複数の金融機関にカードローン申込みをした場合、金融機関からお金に困っていて返済能力が乏しいのではないかとみなされてしまうため、審査通過の可能性が下がってしまうのです。

実際にカードローンに申込みをする際には契約時に必要となる書類を予め準備しておくと申込後の手続きをスムーズにすることができるのでおすすめです。

カードローン契約の際には本人確認書類として運転免許証の写しの提出を求められるケースが非常に多くなっています。

運転免許証を保有していれば全く問題ありませんが、もしも運転免許証を保有していない場合には健康保険証やパスポートといった書類を用意しておきましょう。

また利用限度額が50万円超の申込みを行った場合、年収を証明できる書類の提出を金融機関から求められます。

アルバイト先で源泉徴収票を発行してもらうか、市役所などへ足を運んで課税証明書を発行してもらうなどの対策が必要です。

収入を証明できる書類の用意が難しいという場合には利用限度額を50万円以下として申込みをおこなうようにしましょう。

またカードローン申込み後には職場へ在籍していることの確認としてアルバイト先などへ電話がかかってくることもあります。

カードローンに申込みをした後には職場で確認の電話を受けられるように心構えをしておくことも非常に重要となります。