コードの記載方法は下記になります。

 
 
①表示されたコードをコピーします

次のページにあるコードをコピーします。
コピーがうまくいかない場合はメモ帳などにコードを控えてください。

 
 
②クラウドワークスに戻ります

クラウドワークスの作業欄に戻り、先ほどコピーしたコードを貼り付けてください。
 
 
*ご注意ください


作業は50分以内に完了させてください。
それを超過すると作業欄にコードが入力できなくなります。


コードはアンケートごとに異なります。
他のアンケートのコードや適当な文字列を入力されても非承認となりますのでご注意ください。

 
 
③作業完了です

最後に「作業を完了する」をクリックすると作業完了です。







お金の豆知識
学生がお金を借りるときに利用する金融機関で一番多いのが消費者金融であり、これは借りやすいことが最大の理由でしょう。  
 
学生ローンの会社もノンバンクに分類され、銀行や信用金庫よりもスピーディーな借入が可能になっています。

かつては消費者金融といえばネガティブなイメージをお持ちの方がいましたが、現在は銀行品質の会社が多いです。
 
 
実際に借入をしてみたら、対応が驚くほど丁寧だったという声も聞かれています。

お金を借りるために大切なのは金利・借入可能額の2点ですが、接客対応も重要なポイントと言えるでしょう。

特に初期対応のよい会社は、困ったときに親切に相談に乗ってくれることが多いです。返済が厳しくなったときに柔軟に対応してくれる会社は安心できますし、長期的に契約をしようと思えるでしょう。
 
 

学生がお金を借りる条件は

学生が消費者金融からお金を借りることができる条件は、20歳以上でバイト収入などを得ていることです。

高校生は含まれていないので注意する必要があり、例えば21歳でバイト収入のある高校生は借りることができません。
 
 
融資条件についてはどのローンも大差はなく、未成年に融資してくれるものはほとんどありません。

一部対応しているローンは保護者の許可・同意が必要だったり、連帯保証人を設定する必要があったりします。

自己責任において借入できるのは20歳以上からとなるため、未成年の場合はバイト収入があっても原則として保護者のサポートを受けなければ借りることはできません。

お金を借りるということは信用力の担保を提示する行為であり、そのための最低条件は社会人として自立できることです。
 
 

学生が借りられる金額

消費者金融から借入できる金額は総量規制の範囲内となりますが、実際はもっと少ない範囲に収まると考えていいでしょう。

学生には最高10万円と決めている会社もあり、多くても20万円や30万円といったところです。

社会人向けのキャッシングだと300万円以上に対応したものが多いのに対して、条件を50万円に設定したものが多いです。
 
 
上限50万円の借入をするためには年収150万円が必要になるので、アルバイトで稼ぎ出すのは難しいかもしれません。

例えば月収5万円・年収60万円だと借入できる上限は20万円になるわけです。消費者金融が銀行と異なるのは総量規制の対象になることで、これは消費者金融の多目的ローンすべてに当てはまります。

ただし消費者金融のローンであっても教育・事業などの特定の目的に特化したローンは対象外となります。
 
 
金利は実質年率と呼ばれるもので、簡単にいえば年率のことです。

借入残高に対して日割で発生する仕組みなので、利息を節約するには短期返済をするのがおすすめです。

消費者金融の金利は5%などの一桁から設定されたものがありますが、上限を見ると17%を超えたものが多いでしょう。

初めて借りる場合は17%以上になると考えておくのが得策です。
 
 
学生専用ローンの場合は16%台から借入できるタイプも見られますが、銀行ローンと比べるとやや高くなっています。

金利だけで見ると銀行ローンのほうがお得ですが、消費者金融は審査の通過率が高いメリットがあります。また融資までがスピーディーで、申込から2時間未満で借りられるローンも少なくありません。消費者金融は融資することが目的の金融機関のため、融資に対しては柔軟に対応してくれることが多いわけです。
 
 
お金を借りる上での注意点は、常に借りすぎに注意をしておくことでしょう。

返済能力の範囲で借りれば問題ないと考えるでしょうが、自身の返済能力を正確に把握するのは簡単ではありません。

20万円くらいなら借りても大丈夫と思っていても、実際には20万円では借りすぎというケースもあるでしょう。
 
 

消費者金融のローンは限度枠内で繰り返し借りることができるので、ついつい借りすぎてしまいがちです。限度枠いっぱいまで使用してしまうと、肝心なときに融資を受けられないので注意してください。

もともとキャッシングなどは金欠したときに一時借入するローンなので、ある程度の残額は確保しておくべきでしょう。例えば限度枠が30万円ならば、最低でも10万円には手をつけずに残しておく必要があります。
 
 

学生が失敗せずにお金を借りるためには

学生が失敗せずにお金を借りるためには、シミュレーションが欠かせません。

シミュレーションは借入時に行うべきだと思われていますが、ほかにも毎月1回は行うようにしてください。

ローンの返済不能になる方の特徴を見ると、借入・返済を頻繁に繰り返していることが多いです。

キャッシングなどは返済金が用意できなくても、その場で借りて返済に充てるという方法が活用できます。そのため困ったら借りればいいという意識が身についてしまい、気がついたら借りすぎに陥っていたというケースが多いわけです。

借りたお金は借金であり自分の貯金ではないので、ここは常に意識しておきましょう。  
 
理想は返済回数を1回にすることであり、完済するまで次回借入をしないようにすれば借りすぎになることはありません。