お金借りると在籍確認はどのように行われる?

貸金業者によって確認方法が変わるような印象を持っている人もいるでしょうが、ほとんどそのようなことはなく、統一されていることが多いですので、パターンの確認をしていれば対処することが可能です。

お金を借りるときの在籍確認としてもっとも多いのが電話によるものです。

勤めている会社に貸金業者の方から電話が掛かってきます。

本人がたとえ外出中であっても構いません。本人に代わって別の人に応対してもらうこともできます。

貸金業者は申込書に記入されていた会社に申込者がちゃんと勤めている証拠が必要になっていますので、その確認だけで良いです。

わざわざ代わる必要がない方は、その点は安心できる人もいるでしょう。

しかし、同僚が居る前でお金を借りる際の在籍確認をするようなことは避けたいと考えている人も多いはずです。

ただそれは別の観点からみれば、たとえ本人に代わらなかったとしても、お金を借りるための在籍確認であったことを同僚に勘繰られるようなこともあります。

消費者金融であれば会社名を名乗らずに個人名で電話を掛けてきます。

会社に個人名で電話を掛けてくるようなシチュエーションはそれほどありませんので、勘が鋭い人であれば貸金業者からの電話と勘繰ってしまうことも多いです。

お金を借りるときに在籍確認を気にしている人が多いですが、そういった状況の不安を抱えています。

ではその対処方法について知っておきましょう。

あまり気にしないのも有効的な手段です。

お金を借りることは悪いことではありません。

ところが、ほとんどの方がお金を借りることに対して過剰に神経を使ってしまうことが多いのですが、あまり気にしないようにしましょう。

もちろん借り方としては消費者金融や銀行が提供するカードローンでお金を借りることに引け目を感じてしまうことから、そのような感情を抱いてしまいます。

借りている本人がその先入観を捨てることによって対処することができますので、あまり気にしないでください。

根本的な解決方法もあります。

それは貸金業者と交渉をすることで、他の方法で在籍確認をしてもらうことを交渉してもらうと良いでしょう。

たとえば健康保険証や社員証などによって、在籍している事実を確認してくれる業者もあります。

ただしこれはすべての業者に共通していることではありません。

あくまでもその方法が通用する業者があることだけですので、業者によってはまったくダメだったということもありす。

ただ重要なことは最初のスタートは交渉をすることです。

意外とスムーズにいくこともあります。

その根拠になっているのが、個人情報保護の観点から企業側が勤めている人の情報を提供することに難色を示している事実があります。

このような状況を上手く使うことによって、交渉を都合よく進めることもできるでしょう。

在籍確認のために電話をしても断られる可能性があることから、違う方法で在籍確認をしてほしいと交渉することによって、貸金業者側も動かざるを得なくなります。

意外と通用する方法になりますので使ってみると良いでしょう。

また収入証明書を提出するのも良い方法になりますよ。

ほとんどの貸金業者が上限が決められていますが、収入証明書不要で申し込みをすることができます。

それこそがカードローンの気軽さであり、これが目的でお金を借りている人もいるでしょう。

しかしその収入証明書を提出することによって、会社に勤務している確認を行うことができます。

勤めている会社についても確認できますし、なによりも収入がある事実を公的に証明する証拠になることから、貸金業者にとっては嬉々とする書類です。

収入を得ている事実が確かにあることによって、審査も通りやすくなります。

それだけではなく、借入ができる金額も増えることに貢献することもありえますよ。

収入証明書不要のカードローンの場合は50万円までしか借入ができないことが多いです。

しかし収入証明書を提出することによって大きな金を借ることがきる可能性が生まれます。

利用者にとって収入証明書というのは、勤めている会社に電話が掛かってこないだけではなく、融資を受ける金額を増やすこともできますので、かなり大きな効力を持つアイテムです。

勤務している会社に借金を匂わせるような電話が掛かってきてお金を借りていることを勘繰られるのは、どんな人であっても抵抗感を得るこでしょう。

そのため、この対処方法を知っておくことは重要で、そうすることによって不必要にいろいろとくよくよ悩むこともなくなるはずです。

収入証明書の提出はもっとも効果的な方法なんですよね。