給料日まで生活費が足りない、
旅行に行きたいけれどお金が足りない、
飲み会に誘われたけれどお金が足りない

など急にお金が必要なことがあります。

そんな時には友人や家族からお金を借りることはできますが、お金の貸し借りは関係を壊しかねないので、できることなら消費者金融や銀行のカードローンなどから借りて返すという方法を取りたいという人は少なくありません。
 
 

以前より安心してお金が借りやすくなった現在

以前とは違い、貸金業法の改正で消費者金融が付ける利息に上限が課せられ、貸付額も年収の3分の1までと決められているので、無理な貸し付けを行うことがなくなりました。
 
 
だから貸金業法を無視して営業をしていない限り今では安全に安心して借り入れの申し込みができるようになり、銀行も消費者金融と同じように個人に対しての小口融資を行うようになったためさらに安心してキャッシングを利用できるようになっています。
 
 
初めて利用をするときには申し込みをして審査を受ける必要があります。

家族や友人にお金を借りることと同様で、消費者金融や銀行でお金を借りて返せないとなると信用問題にかかわってきます。

お金を貸して事業を行っている以上、利息をつけてきちんと返済をしてもらわなければ営業が成り立ちませんし、お金を貸して返済されなければ貸した側は損をすることになります。
 
 

そこで申込者には申し込み時に、勤務先や年収、勤続年数、他社での借り入れの有無などを告知してもらい、滞りなく返済してもらうに値をする人なのかを見極める必要があります。
 
 
そのために審査があり、その審査結果によって契約ができるかどうかが決まります。

審査の結果は電話やメールで来て、本人確認書類や収入証明書の提出をした後、契約を交わし、カードが送られてくるという方法が多くの消費者金融や銀行のカードローンでは行われています。
 
 

家族にバレないでお金を借りる方法

契約書の受け渡しやカードの受け取りには郵送が多いのですが、内密にキャッシングをしたいときには郵送されてくると家族にばれる可能性があります。

そこで家族にばれない方法でキャッシングをできる所はないのでしょうか。

申し込みに関してはスマホからでき、入力内容が申し込み条件に合っているかを機械的に一次審査し、その結果はすぐにメールで知らせてもらえます。

次に二次審査を行うために本人確認の証明書や場合に応じて収入証明書なども必要になりますが、それらもスマホの写メールで送ることができます。

二次審査は申込時に告知した内容に虚偽がないかを確認するため多くの業者が在籍確認を行っています。

また金融機関共有の情報などで他社での借り入れの有無や返済の状況などの確認も必要になるので、少し時間がかかりますが、その結果もメールで届くので安心です。

審査に通過すると契約となります。

それが郵送の場合も多いのですが、大手の消費者金融や銀行ならインターネットで契約を結べるところもいくつかあります。
 
 
契約後は、借り入れや返済をするためにカードが必要になりそれは郵送か店頭での受け取りとなります。

家族にばれないように店頭で行ってカードを受け取ることもでき、また家族のいない時間帯を指定して自宅に届けてもらうというサービスを行っているところもありますが、そのカードを家族に見つけられたときにはバレてしまうことになりますよね。

そこで大手金融業者は家族にばれない「カードレス」という方法を始めています。

カードレスでどのように利用するのかということですが、カードの代わりにwebで自身で決めたIDとパスワードを入れることで取引ができるのです。

取引の金融機関は指定されたところに限定されていますが、その金融機関に口座があればその口座の登録をし、webから入金を依頼することで振り込んでもらうことができます。

返済をするときにもwebの「口座振替による返済」を選択すると自動的に返済が行われる仕組みになっています。

このようにカードレス機能を利用すると、取引も家族にばれないだけでなくカードの紛失によって借り入れや返済ができないということも防ぐことができます。

だから家族にばれないようにキャッシングを利用したい場合は大手金融業者の「申し込みから契約までネット完結」と「カードレス」の両方があるところを選ぶようにします。

 
 

家族にバレない以上に注意しなければいけないこととは

今はキャッシングを行う金融業者がたくさんあって安心、安全に利用できることから利用者数が増えています。

またインターネットでも申し込めるため簡単にキャッシングを利用する場合もありますが、周囲にばれないことだけを考えて
「ネットで完結」
「カードレス」

の所を探して安易に申し込むのではなく、業者によって異なる利息にもしっかりと目を付けるようにすることも大切です。

申込額が少額だからすぐに返済ができると安心をしていると、設定されている一番高い利息が付けられてしまい借りた額よりもずいぶん多く返済をする必要が出てくる可能性があるので利息にも目をつけることが大切です。

そのためには急な出費に慌てて対応するのではなく事前の業者選びも大切です。