Q. 体を鍛えるのに何をしてますか?
  • 別の選択肢を追加する






お金の豆知識

消費者金融を利用する場合、一般的には無職ですとお金を借りることが難しくなると考えられています。

基本的に返済能力が無いと判断されてしまいますので、審査でも圧倒的に不利になるのは自然なことです。
 
 
実際に殆どの消費者金融は本人に安定した収入があることを契約のための条件として設けています。

アルバイトやパートなどでもやっており収入があれば利用できますが、大抵のところは本人の収入が無いと審査基準を満たすことができません。

しかしながら収入がない場合でもお金を借りるチャンスはあるのです。

無職でお金を借りた事例

現に無職でもお金を用立てることに成功したケースもあります。

ただし、注意しなければいけないのが配偶者に収入が無ければいけない点です。

専業主婦ががお金を借りる


無職の立場としては専業主婦が該当しますが、夫にきちんとした収入があり尚且つ同意を得ることができればお金を借りられることもあるのです。
 
 

とは言えそうした消費者金融は多くはありません。

大抵は本人に収入があることを前提としているため、どこでも配偶者の収入で借りられるわけではないと考えておいた方が良いでしょう。
 
 
なお、年率の下限については通常よりも高めに設定されている傾向があります。

収入が無いのはリスクと見られやすいですから条件も厳しくなっています。それでもお金を借りられる希少なチャンスであり、上限年率に関しては極端に割高になっているわけでもないため、条件が著しく悪いということもないです。
 
 
学生がお金を借りる

ここまでは専業主婦の場合のパターンについてでしたが、では収入がない学生の場合はどのような扱いになるのでしょう。
 
 
学生という職業であっても働いていないと収入がありませんから無職扱いとされてしまいます。

学生がお金を借りるチャンスがあるパターンとしては、アルバイトやパートなどをやっている場合です

安定収入があると見てもらうことができれば消費者金融でもお金を借りることは可能です。

一方、アルバイトなどをやっていない場合は借りることはできません。

基本はやはり安定した収入があることが条件のため、消費者金融で借りることは難しくなります。

専業主婦の場合は配偶者に収入があれば借りることができましたが、学生の場合ですとそれも難しいです。
 
 
そもそも消費者金融には総量規制という法律が適用されるのですが、これは年収の3分の1以上の貸付はできないというものです。

専業主婦の場合は夫の収入があることで借りられることがある一方、学生ですとそのまま法律が適用されてしまいますので、消費者金融を利用することは難しくなります。

ただアルバイトなどをしていれば借りられるチャンスがあるため、学生でも利用したい場合は週1でもアルバイトをして可能性を作るための対策を行うと良いでしょう。

無職でもお金が借りられる

では専業主婦でも学生でもない無職の場合は消費者金融からの扱いはどうなるのかと言えば、立場としては非常に厳しい位置づけです。

これもまた学生の場合と同じく総量規制の対象となるために、収入が無い時点で審査落ちをする可能性が大と言えます。
 
 
無論、アルバイトなどをすれば問題はありませんから、対策としては安定した収入を作るのが基本となってきます。

消費者金融を利用するためには基本的に収入がないと厳しいというのが結論ですが、ただそんな中でもお金を借りられるところが見付かるかもしれません。

しかしながら収入が無いにもかかわらず利用できるところは、いわゆる闇金の可能性が高いですから注意が必要です。
 
 
闇金の場合はお金を借りられることもあるものの、法外な金利や違法な取り立てなどによって苦しめられる可能性が高いです。法律の及ばないところで営業していますので、収入が無くても利用できそうな場合でも契約をしてはいけません。
 

無職でもお金が借りられる裏技

お金を借りたい時には消費者金融が便利ですが、ただ無職で利用できない場合はお金をどのように用立てていけば良いのか困ることもあるはずです。

もちろん収入を作って借りられるようにするのが一番良いと言えますが、しかし他にも選択肢もあるのです。
 
 
ひとつに銀行系のカードローンを利用する方法が挙げられます。

そもそも消費者金融で借りられないのは総量規制の法律があるからでしたが、銀行系カードローンなら対象外ですから借りられるチャンスがあります。
 
 
無論、審査をクリアしなければいけないため、必ず借りられるわけではないものの、条件をクリアするための要素を持っていれば可能性が開けます。

しかしながら基本的に収入が無い時の申し込みは審査も厳しいですから、できれば職があるうちに前もってカードローンを作っておくと安心と言えるでしょう。
予め作っておけば枠がある限りは利用することが可能です。
 
 
その場合は仕事をしておらず収入が無くても利用できるため、いざという時に役立てられます。

当然のことながら返済の当てがない状況で利用するのは危険ですので注意が必要ではあるものの、例えば次の仕事が見付かるまでの繋ぎなどには使えます。