借金をする時には家族には知られたくないと考える人が少なくありません。

そのため家族に内緒でお金を借りる方法を知りたいという人も多いでしょう。そもそもの家族には秘密にしたい理由はいくつか挙げられます。

内緒でお金を借りる理由

まず単純に借金をしていると印象が良くないからです。

家族も同意の上で真っ当な目的があってお金を借りる場合ならまだしも、そうではない場合ですと家族と言えど都合が悪く感じられるものです。
 
 
特に自分の欲を満たすための借金ですと良い印象を持たれることはほぼありません。

世間一般では借金をすることに対してあまり良い印象を持たない風潮がありますので、家族に不必要に知られたくないとするのは自然とも言えます。
 
 
心配を掛けたくないのも理由として考えられます。

子供に知られたくない

お金を借りる時と言えば経済的に余裕がない場合ですが、もし借金があると知られたら家族を心配させてしまいます。

特に子供には内緒にしておきたいと考える親は多いでしょう。親が借金をしていると分かれば子供ながらに心配をするものであり、また親側としても子供には心配をさせたくないプライドもあるはずです。
 
 

トラブルの心配に繋がるのも内緒にしたくなる理由のひとつと言えます。

世の中の家庭の中では借金を巡ってトラブルに発展することも珍しくありません。

妻や夫に借金があるとバレてしまうと揉める可能性もあり、現に借金にまつわるトラブルの経験者も少なくないようです。

場合によっては借金が原因で離婚問題にすら発展します。
 
 
少額の借入で楽に返済ができる額ならまだしも、そうではないこともあります。

もし数百万円単位ともなると一般家庭では簡単には返済を行うことはできません。パートナーが将来を悲観する原因にもなりえ、借金に苦しみたくない理由で離婚を申し出るようなパターンもあります。
 
 

それだけ借金はトラブルの原因になりやすいということであり、家族に内緒にしたい心理になるのも無理はありません。

夫に知られたくない

夫に迷惑を掛けたくない理由で内緒にされるパターンもあります。

家族には知られたくないとする人の中には、専業主婦の人も少なくありません。アルバイトやパートなどで妻自身に収入がある場合なら良いのですが、専業主婦の場合は夫の収入を当てにして借金をします。

夫としては妻が自身の稼いできたお金で借金を作るのは良い気がしないものです。

とは言え、妻は妻で生活費に苦労してお金を借りるケースもありますが、どのような理由だとしても夫の負担になる可能性があるでしょう。したがってなるべく内緒にしておきたい心理にもなり、夫婦間の秘密として抱えられていたりもするのです。
 
 

離婚の決め手になってしまう可能性を恐れて内緒にしておきたいというケースもあります。

夫婦の関係が上手くいっていない場合、ちょっとしたことが決定打になり離婚に発展することもあるはずです。

そのため離婚をしたくない場合は行動にも慎重になるものですが、中でも特に気を付けたいのは借金をすることです。

印象が悪い上、夫婦間のトラブルになりやすい原因のため、パートナーに借金があると知られて何ひとつ良いことはありません。もし離婚裁判にでも発展するようなことがあれば、借金があることで不利になることも容易に想像できるでしょう。
 
 
家族には秘密でお金を借りたい心理になるのにはこうした理由があるからですが、基本的に借金について知られることで良い印象を持たれることはないです。大抵の場合は負の要素にしかならず、積極的に隠したくなるのも当然と言えます。

お金を借りたことを隠しておくことは可能か?

問題は内緒でお金を借りることができるのかどうかですが、内緒にしておくことは十分に可能です。
 
 
たとえ専業主婦で夫の収入によって審査を受ける場合でも内緒で借りることも可能なんです。

夫の職場に在籍確認を入れられることなく借入をすることもできます。

また、申し込み時の同意書に関しても不要なところもあるため、その点に関しても安心です。
 
 
郵便物が届くことによってバレてしまうパターンもあるのですが、借入先に相談をすることで配慮してもらうことも可能です。

自宅には送ってこないようにしてもらうこともできるため、バレる可能性を極力排除することができます。

また、電話にしても家電には掛けてこないようにしてもらうほか、会社名も出さないようにしてもらう、電話を掛けてくる時間帯に配慮を求めるなどの希望にも対応してくれます。

ただ返済がきちんとできていない場合はバレてしまう可能性が高まります。

返済が滞ると容赦なく電話や郵便物によって連絡が入ってくるため、それらを運悪く夫に知られるなどすれば秘密にしておくことは難しくなるでしょう。

したがって家族に内緒にし続けたい場合は確実に返済を行っていくのが鉄則と言えます。
 
 
きちんと返済さえ行っておけば、自分から話しをしたり明細を放置しておいたりしない限りはバレてしまう可能性は限りなく低くなります。

現に家族には秘密でお金を借りられている人も多くいるのです。